閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

22
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 直前情報:ナイスカンパニー

NAMM 2018

音楽リハーサルスタジオでおなじみのナイスカンパニーが「コンテナスタジオNOAH」という新たなプロジェクトを発表。NAMM 2018で出展されます。

2018 NAMM

音楽練習スタジオで培った技術や音場設計をコンテナに詰め込み、貨物用コンテナを防音仕様に設計することで、ユーザーの目的合ったスタジオを実現できます。気になるのは空調ですが、エアコンと消音換気扇が装備されていて、そのほかスタジオ設計のノウハウが活かされるようです。

奥行き役6mの20FEETタイプが基本料金$50,000。(ビジネスの対象がUSAのようなので金額がUS$表記となっています) JIS -45dB防音の工事済みのようなのでこれを高いととるか安いととるかは意見が別れるところかもしれません。日本で購入するといくらになるのでしょうか。すごく気になりますね。

NAMM ショーレポート7
NAMM show
音楽スタジオ以外にも用途は多彩で、シアタールームやゲーミングルームなどにもなります。

リハーサル後の楽しみも増えて、スタジオに行くのが楽しくなりそうです。

NAMM 話題
NAMM 新製品
立地場所に合わせて2F建てのコンテナスタジオやプールサイドに設置することも可能なので、色んな場所で見かけることになるかもしれません。

郊外に設置されることがあれば、ちょっとしたリゾートスタジオ気分も味わえそうです。

NAMM ショーレポート

NAMM 2018で初お披露目になりますので、現地でレポートしてきます!


http://noah.tokyo/

Writer.Miyazaki

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年1月22日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company