閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

26
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 DAY1:Sonicware

NAMM 2018

純国産シンセサイザーメーカー「Sonicware」ブースでは発売間近の「ELZ_1」が展示されていました。およそ40cmほどのポータブルな筐体に秘められたパワーは想像以上です!

搭載オシレーターはサイン波、ノコギリ波などスタンダードなもの以外にも、FM変調、グラニュラー、それから波形のユーザー編集など多彩なエンジンを使った音作りが可能です。モジュレーションの具合や波形編集は中央のLEDディスプレイでシンプルに可視化されているため音色エディットが分かりやすいです。

また「DNA EXPLORER」と呼ばれるモードではサンプリングしたオーディオ素材をオシレーターに使うことが出来ます。

そのほかディストーション、リバーブ、ディレイなどの全12種類のエフェクト搭載、そしてアルペジエーターもばっちりビルトインされています!

Sonicware代表、遠藤氏に製品紹介をして頂きました!ご覧ください。

発売は日本先行でQ3頃を予定、その後海外でも販売開始予定。価格は多くの方に届くよう、500ドル以下で(399ドルを目指して)調整中とのことですので期待して待ちましょう!

d31016-1-850243-9


Sonicware
https://www.sonicware.jp/

Writer.Matsuyama

#NAMM_Sonicware
でTweetされたこの記事の話題

“NAMM2018
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company