本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
12
Apr.2023
レポート

Apogeeがアナログコンプを搭載する楽器用インターフェイス 「JAM X」を発表!

20230412_Apogee_1390_856

Apogeeがアナログコンプを搭載する楽器用インターフェイス 「JAM X」を発表しました!

JAM Xは、Mac、Windows、iPad Proでギターやベース、キーボードをレコーディングするために設計されたプレミアムオーディオインターフェイスです。

Apogee-Jam-X-iPad-+-Fender-map-+-Guitar

シンプルかつモバイル性の高さにより、JAM Xはどこに行ってもあなたのベストテイクをキャプチャーするのに最適です。使いやすさと高品位を両立している本製品は、ビギナーからプロまで必需品となることでしょう。

*Lightningケーブルは別売りとなります。

発売は4月下旬以降の予定で、ただいま予約受付中です。

APOGEE
JAM X
¥27,500
本体価格:¥25,000
275ポイント還元

アナログ・コンプレッサーを搭載

Apogee-Jam-X-Front-Standing

JAM Xは入力ゲインに応じてかかり方が変わる3つのプリセット(Vintage Blue Stomp、Purple Squeeze、Smooth Leveler)から選択可能なアナログ・コンプレッサーを内蔵しており、このカテゴリーの他社製インターフェイスには及ぶことのできないトータルな音体験を提供します。

最大96kHzのサンプリングレートと、余裕のあるヘッドルームを備えるJAM Xは、驚くほどクリアなサウンドを提供します。また、お持ちのヘッドフォンやパワードスピーカーを十分にドライブさせることも可能です。

JamPlus08

ブレンド・モード:ビートを見失わない

ビートは音楽の要です。しかし、レイテンシー(遅延)が発生してプレイとビートが合わなくなってしまうと、テンションは下がる一方です。

そんなときはBlendモードで入力信号をダイレクトにモニタリングしましょう。アンプシミュレータの音だけを聴きたいときは、Blendモードをオフにするだけ。1クリックの作業で切り替えが可能です。

インとアウト:柔軟なコネクション

Apogee-Jam-X-output-end
Apogee-Jam-X-input-end

ギターやベースなどのハイインピーダンス楽器から、シンセやキーボードのローインピーダンス楽器、ピックアップ付きのアコースティック楽器まで。思いつく限りどんな楽器でも入力できるように設計されています。
ヘッドフォンやモニタースピーカーを接続する1/8″も備えており、録音も演奏の入力もモニタリングもできる、パーフェクトなオーディオインターフェイスです。

Apogee-Jam-X-iPad-+-GarageBand-+-Moog

APOGEE
JAM X
¥27,500
本体価格:¥25,000
275ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2023年4月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    NAB 2024 Day 4 : Audio-Technica
    Audio-Technicaブースにはモータースポーツの収録に適したマイク、BPシリーズがレーシングスーツと共に展示されてます。中央のBP4027はステレオ仕様のショットガンマイクで、単一・双指向性に対応した高感度ユニッ [……
    NAB 2024 Day 4 : OWC
    OWCブースにはCP+2024でも展示されていた、OWC Jellyfishシリーズが展示。 SSD NASシステムとして主に法人・システム案件に活用される機会が多く、最大容量120TB、速度はRead / Write [……
    NAB 2024 Day 4 : Sonnet Technologies
    Sonnet Technologiesブースには、Thunderbolt 5 eGPUの看板が!Thunderbolt 5は”双方向80ギガビット/秒(Gbps)の帯域幅を実現し、Bandwidth Boos [……
    NAB 2024 Day 4 : Libec
    Libec(平和正規工業)ブースには先々月発売されたTH-Vが展示されています。5万円と他のビデオ三脚とくらべ安価ながら、最大搭載重量は5kgまで搭載でき、無段階可変フリクション、Snap ON / OFF Plate、 [……
    NAB 2024 Day 4 : Amazon Web Service
    Amazon Web Serviceのブースでは、映像スイッチング、オーディオミキシング、グラフィックスやキャプション編集をAWSの仮想プライベートクラウド(VPC)内のインスタンスで行うSony M2L-X クラウド・ [……
    NAB 2024 Day 4 : SONY
    NAB Central Hallの最奥にひときわ大きなブースを構えているのがSONY。私がNABに行き始めてからずっとこの場所にあるので、まさに定位置。今年もひときわ大きなブースで様々なソリューションを展開しています。 [……
    NAB 2024 Day 4 : Cerevo
    Cerevoブースには新商品であるFlexTall Proの姿が!FlexTall Proは有線・ワイヤレスに対応したタリーランプで、有線の場合はEthernetによるPoEに対応。ワイヤレスの場合はランプ1台を親機とし [……
    NAB 2024 Day 4 : WavesLive
    2024NAMMショーでも話題になったオールインワンのプラグイン・エフェクトラック、WavesLive SuperRack LiveBoxの実機をLawoブースで確認することができました。背面の端子類を確認できたのは、こ [……
    NAB 2024 Day 4 : 3PlayMedia
    NAB 2024のIT系の企業が集まるWest Hallで面白いソリューションを展開しているメーカーが有りましたのでご紹介したいと思います。その名もAI DUBBING。メーカーは3PLAY MEDIAという会社。 ht [……
    NAB 2024 Day 4 : SENNHEISER
    ゼンハイザーは、ロケーション用のマイク、ワイヤレスといった製品を中心に展開。その一角には、もちろんNEUMANNも。さらには、グループの一員となったMERGINGの姿もありました。 Neumannコーナーでマイクは別の場 [……
    NAB 2024 Day 4 : Salsa Sound
    IBCでもレポートをお届けしたSalsa Sound。汎用PCベースで、MPEG-Hのエンコードの出来るこのアプリケーションですが、MPEG-Hのオブジェクト性と同様の考え方で、同時に5.1chと2ch、更には、ナレーシ [……
    NAB 2024 Day 3 : GB labs
    海外レポートでも毎回取り上げているエンタープライズ向けNASのメーカーGB labs。汎用性の高さとその高速性で国内でも多くの導入の見られるNASサーバーの一つです。そのGB labsの最新ソリューションであるNebula NASをご紹介し…
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company