閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
17
Jan.2020
レポート
  • HOME
  • レポート
  • NAMM2020
  • Avidが MTRX Studio、Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ、Pro Tools 次期バージョン を発表!!

Avidが MTRX Studio、Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ、Pro Tools 次期バージョン を発表!!

20200114_avid_1390_856

NAMM2020_Rock oN_Report

いよいよ開催となったNAMMですが、Avidより早速新製品発表のニュースです!まずは速報でお伝えします!

MTRX Studio

MTRX-Studio

Avidから新たなオーディオI/O、MTRX Studioが発表されました。MTRX Studioは、マイクプリやモニターアウトなどを搭載したオールインワン仕様。フラッグシップとなるMTRXの2ndシリーズとして、業務での使用はもちろん、個人の制作環境においてもハイエンドのポジションに立つI/Oとなりそうです。製品画像の通り、16ch分のレベルメーターやモニタリング用のヘッドホンアウトも搭載されており、HD OMNIのユーザーにはステップアップとして有力なリプレイス候補になるのではないでしょうか。なお、現地での予価は$4,999で今春中のリリースとなる模様。

また、アナログ入出力としてLINE INが16ch、MIC INが2ch。出力はLINE OUTが16ch、MAIN MONITERが2chの合計18in/18outが用意されており、さらに今回Dante端子がオンボードに搭載。将来性ある豊富な入出力は、Dolby Atmos制作システムをコンパクトに構築するなど、多様なシーンに対応できる拡張性をもたらしてくれる仕様です。S6/S4/S3/S1といったコントロールサーフェスとのリモート連携や、MTRXと同様にDaDmanでの柔軟なルーティングやモニタリング構築についても続報が期待されるところでしょう。

Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ

HDX-Thunderbolt-3-Desk-Chassis-Hero
デスクトップタイプ
HDX-Thunderbolt-3-Rack-Chassis-Hero
ラックタイプ

AvidブランドでThunderbolt 3シャーシも発表となりました!Pro Tools|HDX Thunderbolt 3 Chassisと名付けられたこちらの製品はデスクトップタイプとラックタイプの2種類。デスクトップタイプはHDXカードが1枚搭載できる外付けシャーシで、ラックタイプはHDXカードとMac miniを1Uの本体内部にマウントすることができる仕様になっています。また、これらのシャーシはHDXカード、Pro Tools|Ultimateソフトウェア、Avidの各種I/Oとのバンドルセットが予定されているようで、先にご紹介したMTRX Studioとのバンドルも用意される見込みです。シャーシ単体での現地予価は$499(Desktop)、$699(Rack)でこちらも今春中のリリースが見込まれています。

Pro Tools 次期バージョン

image003

Pro Toolsも次期バージョンがお目見えです。こちらはいわばテクニカルプレビューのような格好ですが、フォルダートラック機能の搭載が大きなトピックとなります。フォルダートラックは他のDAWでも愛用されているユーザーが多かったので、待ち望んでいたPro Toolsユーザーも多いのではないでしょうか?また、新MacProへの対応も拡張。Avidの推奨環境とまではいかないようですが、HDX3以上のシステム構築も可能となる見通しです。こちらの次期バージョンも今春中リリースとのことですので続報をお待ちください!

今回発表となった期待の新製品については、NAMM Avidブースでの様子もレポートします。乞うご期待!

メーカーページはこちら
https://www.avid.com/ja/#Audio

記事内に掲載されている価格は 2020年1月17日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

YAMAHAステージキーボード YC61 発売記念キャンペーン9/30まで期間延…
期間中、ヤマハ ステージキーボード「YC61」をご購入いただいた方にフットコントローラー「FC7」をプレゼント!
YAMAHA新製品発表会レポート
ヤマハ銀座スタジオにて行われた発表会をSCFED IBEがレポート!!
NAMM2020 DAY4:OWC
NAMM2020ブースで配布されていたパンフレットから新製品2製品ご紹介!!
NAMM2020 DAY4:DOEPFER
DOEPFERブースではいくつか新製品が登場していましたが、最も目立っていたのがこの巨大ジョイスティックモジュール「A-174-4 Joy Stick II」でした。 通常ジョイスティック型コントローラーと言えばX軸とY [……
NAMM2020 DAY4:Verbos Electronics
おなじみVerbos ElectronicsからはNAMM2020の直前に発表されていた新製品モジュールが二つと旧モジュールの新バージョンが登場!一つ目はFoundation Oscillator(写真上段の左から三つ目 [……
NAMM2020 DAY4:SONICWARE
現在KICKSTARTERで支援募集中のマシン「LIVEN 8bit warps」が展示!
NAMM 2020 Rock oNショーレポート
現地よりNAMM 2020 ショーレポートをお届け中です! レポーターとしてファンキー松本が、初海外旅行にして初渡米&レポート!フレッシュなモードで4日間に渡って最先端の楽器/機器事情をNAMMショーからお伝えしています [……
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、…
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、SSL 2+の疑問に答えます。
NAMM2020 DAY4:HAKEN AUDIO & Voix du…
HAKEN AUDIOはあのAmon Tobinもユーザーとして知られるContinuum Fingerboardを開発するブランドですが、そのHAKEN AUDIOと協力してユニークなアコースティックレゾネーターを開発 [……
NAMM2020 DAY4:UDO(U・D・O)
SUPERBOOTH19の初登場時点から世界中のシンセサイザーフリークが熱い視線を注ぐSUPER6がNAMM2020に登場!クラッシックなデザインと新しいコンセプトを持った本気のポリフォニックシンセサイザーとして異彩を放 [……
NAMM2020 DAY4:Lachapel Audio
Lachapel Audioから新登場した983Mは、ハーフラックサイズの1CH TUBE MIC PREAMP。 ファントム電源で発生する電圧値のディップは、多くの場合、信号負荷の変動を発生してしまうものですが、983 [……
NAMM 2020 Day 4 : Endorphin.es
Endorphin.esのブースはブラックシリーズを中心とした展示で注目はGround Control!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company