本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
17
Jan.2020
レポート
  • HOME
  • レポート
  • NAMM2020
  • Avidが MTRX Studio、Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ、Pro Tools 次期バージョン を発表!!

Avidが MTRX Studio、Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ、Pro Tools 次期バージョン を発表!!

20200114_avid_1390_856

NAMM2020_Rock oN_Report

いよいよ開催となったNAMMですが、Avidより早速新製品発表のニュースです!まずは速報でお伝えします!

MTRX Studio

MTRX-Studio

Avidから新たなオーディオI/O、MTRX Studioが発表されました。MTRX Studioは、マイクプリやモニターアウトなどを搭載したオールインワン仕様。フラッグシップとなるMTRXの2ndシリーズとして、業務での使用はもちろん、個人の制作環境においてもハイエンドのポジションに立つI/Oとなりそうです。製品画像の通り、16ch分のレベルメーターやモニタリング用のヘッドホンアウトも搭載されており、HD OMNIのユーザーにはステップアップとして有力なリプレイス候補になるのではないでしょうか。なお、現地での予価は$4,999で今春中のリリースとなる模様。

また、アナログ入出力としてLINE INが16ch、MIC INが2ch。出力はLINE OUTが16ch、MAIN MONITERが2chの合計18in/18outが用意されており、さらに今回Dante端子がオンボードに搭載。将来性ある豊富な入出力は、Dolby Atmos制作システムをコンパクトに構築するなど、多様なシーンに対応できる拡張性をもたらしてくれる仕様です。S6/S4/S3/S1といったコントロールサーフェスとのリモート連携や、MTRXと同様にDaDmanでの柔軟なルーティングやモニタリング構築についても続報が期待されるところでしょう。

Pro Tools|HDX Thunderbolt 3シャーシ

HDX-Thunderbolt-3-Desk-Chassis-Hero
デスクトップタイプ
HDX-Thunderbolt-3-Rack-Chassis-Hero
ラックタイプ

AvidブランドでThunderbolt 3シャーシも発表となりました!Pro Tools|HDX Thunderbolt 3 Chassisと名付けられたこちらの製品はデスクトップタイプとラックタイプの2種類。デスクトップタイプはHDXカードが1枚搭載できる外付けシャーシで、ラックタイプはHDXカードとMac miniを1Uの本体内部にマウントすることができる仕様になっています。また、これらのシャーシはHDXカード、Pro Tools|Ultimateソフトウェア、Avidの各種I/Oとのバンドルセットが予定されているようで、先にご紹介したMTRX Studioとのバンドルも用意される見込みです。シャーシ単体での現地予価は$499(Desktop)、$699(Rack)でこちらも今春中のリリースが見込まれています。

Pro Tools 次期バージョン

image003

Pro Toolsも次期バージョンがお目見えです。こちらはいわばテクニカルプレビューのような格好ですが、フォルダートラック機能の搭載が大きなトピックとなります。フォルダートラックは他のDAWでも愛用されているユーザーが多かったので、待ち望んでいたPro Toolsユーザーも多いのではないでしょうか?また、新MacProへの対応も拡張。Avidの推奨環境とまではいかないようですが、HDX3以上のシステム構築も可能となる見通しです。こちらの次期バージョンも今春中リリースとのことですので続報をお待ちください!

今回発表となった期待の新製品については、NAMM Avidブースでの様子もレポートします。乞うご期待!

メーカーページはこちら
https://www.avid.com/ja/#Audio

記事内に掲載されている価格は 2020年1月17日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

NAB 2024 Day 3 : GB labs
海外レポートでも毎回取り上げているエンタープライズ向けNASのメーカーGB labs。汎用性の高さとその高速性で国内でも多くの導入の見られるNASサーバーの一つです。そのGB labsの最新ソリューションであるNebula NASをご紹介し…
NAB 2024 Day 3 : Fraunhofer
MPEG-Hが、世界の放送局、日本の放送局でも次世代放送規格として採用が決まり始めたFraunhofer。NAB 2024ではその最新情報を聞くことが出来ました。
NAB 2024 Day 3 : CANARE
ケーブルの国内トップシェアを誇るCANARE。NAB2024では12G-SDI対応製品を前面に展開をしていました。 このような展示を見ると4Kが目の前にあることを実感します。次世代地上波の技術仕様も発表され、4K制作が当 [……
NAB 2024 Day 3 : ATOMOS
今のビデオ撮影では当たり前となっている、モニター一体型レコーダーの始祖とも言えるメーカーがこちらのATOMOS。NINJAとかSHOGUNとか、日本好きなのか?と思われるネーミングセンスの製品が揃います。NAB2024で [……
NAB 2024 Day 3 : Neutrik
コネクターのリーディングカンパニーNeutrik。XLRのケーブルはもちろんTSR、スピコン、パワコン、イーサコンなどいたるところでお世話になっている同社からDanteのInterfaceが登場しました。 ラインナップは [……
NAB 2024 Day 3 : AJA
アメリカ製にこだわるAJA。新製品では有りませんが、NABの会場でも各社の採用が目立つNDIの製品がありますので、ご紹介したいと思います。 こちらがその製品。AJA Bridge NDI 3Gとなります。3G-SDI信号 [……
NAB 2024 Day 2 : Blackmagic Design(カメラ/D…
Blackmagic URSA Cine 多くのビデオグラファーより要望のあったフルサイズ対応のシネマカメラ”Blackmagic Cinema Camera 6K”に続き、Blackmagic [……
NAB 2024 Day 2 : Vizrt
Rock oNレポートでは初登場となるVizrt。なぜこのメーカーを取り上げるのかというと、Rock oN Awardも獲得しているNDIの開発メーカーであるNewtekを買収し、傘下に収めたため。Vizrtの一部となったNDI、そしてTr…
NAB 2024 Day 2 : Sound Devices
フィールドレコーダーとして、ハリウッドでも高い実績を持つSoundDevices。NABでも注目の的です。IBCで新しいワイヤレスシステムをリリースしたばかりなので、目立った新製品は有りませんでしたが、8シリーズのファー [……
NAB 2024 Day 2 : TILTA
毎年、スポーツカーにカメラリグやクレーンを取り付け製品を展示しているTILTAのブースで、現場収録のマイクマンの肩こりから開放されそうな製品を発見! 様々なカメラ用のアクセサリーを販売する同社から音声向けの製品があるとは想像していませんでし…
NAB 2024 Day 2 : Kelvin
NABの会場奥地で見つけたスタイリッシュなライト。ノルウェイのメーカー「Kelvin」の製品がこちら。 見た目だけではなく、機能的にもフルカラーのDMXリモートの可能なライトで、300w,600wの2製品が展示されていま [……
NAB 2024 Day 2 : DPA
やはりロケーション収録を考えたときに選択肢から外せないのが、DPAのマイクではないでしょうか?仕込み用のラベリアから、ショットガン、ホール収録でも活躍するドイツの至宝とも言えるマイクメーカー。NABでは、ショットガンマイ [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company