閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
18
Jan.2020
レポート

NAMM2020 DAY2:Spitfire Audio

namm2020_spitfire01

NAMM2020_Rock oN_Report

新しいAlbionライブラリ

Spitfire Audioではお馴染みのAlbionシリーズの新作「Albion NEO」がNAMM 2020の初日に情報公開されました。

サンプルは完全新録。Spitfire Audioの現在地がここに。

「我々のサンプル収録技術も年々向上している」とのことで、今の彼らがAIR Studios Lyndhurst Hallでどのように室内楽のサイズを録るのかというビジョンが改めて形になったのがこのAlbion NEOでしょう。Spitfire Audioと言えばChamber StringsやSymphonyシリーズのようなウェットな音をイメージする方が多いと思いますが、今作ではそこにしっかりとした芯、輪郭、ディテールが付与され、AIRを更に生々しく捉えた音に仕上がっていました。こうして同じスタジオで異なるコンセプトのライブラリを度々リリースしてもらえると、ユーザーとしてもいかにレコーディング、エンジニアリングが大事かを認識出来るので非常に勉強になります。

namm2020_spitfire02
namm2020_spitfire03

豊富なマイクポジションと、2つに分かれた弦セクション

Albion NEOではClose、Tree、Amb、OutriggerにClose Ribbonを加えた5つのマイクチャンネルが立ち上がります。これらの組み合わせによって距離感や音の密度、濃度をかなり柔軟に調節することができます。が、レガートに関しては所謂プレイアブルなライブラリと比べると速いパッセージの追従性がそこまで良いわけでもなさそうな印象でした。String AとString Bが分かれているのはDivisiのポジションの差とのことなので、いずれかを使用してもいいし、両方同時に鳴らしても良いとのことでした。とはいえ会場でヘッドホンで聴いただけの印象なので細かいところまでは把握出来かねるのですが、Spitfireはリボンマイクの扱いが非常に上手いデベロッパーなので信頼しても大丈夫だろうなとは予想しています。

sa-albion-neo-recording_product_lkp_13

クリエイティブなループ/インストゥルメント

所謂トラディショナルなオーケストラのアーティキュレーションに加えNEOのオーケストラレコーディングにChristian Henson氏所有のシンセの音を加えて作られたハイブリッドサウンドをEDNAエンジンでカスタマイズすることができ、これまでのAlbion同様時短や特殊な演出にも一役買ってくれそうな印象です。

展示機はMac Mini + 外部SATA SSD

試奏用の展示機は計4台あり、いずれもMac Miniと外部SATA SSD数台で構成されていました(恐らくBBCSO用+その他用)。同社のライブラリはかなりマシンスペックを要求しますが、それをある程度快適に動かす目安としても確かにこのくらいの構成は必要だなと感じました。

namm2020_spitfire05

ALBION NEO 製品ページはこちら
https://www.spitfireaudio.com/shop/a-z/albion-neo

Pre order 価格 : $349(通常は$415.74)

Writer : 特別寄稿 株式会社ViViX 青木征洋

Spitfire Audio メーカーページはこちら
https://www.spitfireaudio.com/

namm2020_spitfire04

記事内に掲載されている価格は 2020年1月18日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

YAMAHAステージキーボード YC61 発売記念キャンペーン9/30まで期間延…
期間中、ヤマハ ステージキーボード「YC61」をご購入いただいた方にフットコントローラー「FC7」をプレゼント!
YAMAHA新製品発表会レポート
ヤマハ銀座スタジオにて行われた発表会をSCFED IBEがレポート!!
NAMM2020 DAY4:OWC
NAMM2020ブースで配布されていたパンフレットから新製品2製品ご紹介!!
NAMM2020 DAY4:DOEPFER
DOEPFERブースではいくつか新製品が登場していましたが、最も目立っていたのがこの巨大ジョイスティックモジュール「A-174-4 Joy Stick II」でした。 通常ジョイスティック型コントローラーと言えばX軸とY [……
NAMM2020 DAY4:Verbos Electronics
おなじみVerbos ElectronicsからはNAMM2020の直前に発表されていた新製品モジュールが二つと旧モジュールの新バージョンが登場!一つ目はFoundation Oscillator(写真上段の左から三つ目 [……
NAMM2020 DAY4:SONICWARE
現在KICKSTARTERで支援募集中のマシン「LIVEN 8bit warps」が展示!
NAMM 2020 Rock oNショーレポート
現地よりNAMM 2020 ショーレポートをお届け中です! レポーターとしてファンキー松本が、初海外旅行にして初渡米&レポート!フレッシュなモードで4日間に渡って最先端の楽器/機器事情をNAMMショーからお伝えしています [……
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、…
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、SSL 2+の疑問に答えます。
NAMM2020 DAY4:HAKEN AUDIO & Voix du…
HAKEN AUDIOはあのAmon Tobinもユーザーとして知られるContinuum Fingerboardを開発するブランドですが、そのHAKEN AUDIOと協力してユニークなアコースティックレゾネーターを開発 [……
NAMM2020 DAY4:UDO(U・D・O)
SUPERBOOTH19の初登場時点から世界中のシンセサイザーフリークが熱い視線を注ぐSUPER6がNAMM2020に登場!クラッシックなデザインと新しいコンセプトを持った本気のポリフォニックシンセサイザーとして異彩を放 [……
NAMM2020 DAY4:Lachapel Audio
Lachapel Audioから新登場した983Mは、ハーフラックサイズの1CH TUBE MIC PREAMP。 ファントム電源で発生する電圧値のディップは、多くの場合、信号負荷の変動を発生してしまうものですが、983 [……
NAMM 2020 Day 4 : Endorphin.es
Endorphin.esのブースはブラックシリーズを中心とした展示で注目はGround Control!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company