閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
20
Jan.2020
レポート

NAMM2020 DAY4:Verbos Electronics

DSC01801

NAMM2020_Rock oN_Report

おなじみVerbos ElectronicsからはNAMM2020の直前に発表されていた新製品モジュールが二つと旧モジュールの新バージョンが登場!一つ目はFoundation Oscillator(写真上段の左から三つ目)。ユーザーからの要望が多かったというコンパクト(12HP)なサイズのオシレーターモジュールです。同社のHarmonic OscillatorやComplex Oscillator同様に倍音生成に長けたオシレーターですが、完全に新しい音作りのメソッドで作られているとの事。具体的にはHARMONICSセクション(ウェイブシェイパー)がその新しい部分です。出力波形はHARMONICSの影響を受けない三角波と矩形波、そしてHARMONICSの影響を受ける3つの波形に分けられているため、狙ったサウンドニュアンスに向かって作業がしやすい構成になっています。

HARMONICSセクションは独特で、三つの波形の掛け合わせて倍音をコントロールする「richness」と、3つの波形のフェードをコントロールする「timbre」というパラメータを有します。三つの波形はそれぞれ「サイン波→スパイク波」、「サイン波→矩形波」、「サイン波→ノコギリ波」とフェードします。「timbre」は聴感上音が明るく、「richness」は音が複雑になると言えばわかりやすいと思います。いわゆるウェーブシェイパーっぽいサウンドは「richness」で作り出すことが出来ます。これはVerbosファンは即買いな一品でしょうね!

DSC01802

二つ目の新製品はNoise & Filter。シンプルな固定4バンドのフィルターバンクとノイズジェネレーターが4HPに収まったモジュールです。Scan & Panと組み合わせるとリズミックなサウンド生成が簡単に出来そうです。

verbos

そしてAmplitude & Tone ControllerがAmp & Toneという名前になり、名前もサイズもコンパクト(10HP)になりました。ディスクリート回路を使ったVCAとトランジスタローパスフィルターを組み合わせたモジュールで、独特のドライブがかかったサウンドが魅力です。VCAはEXP/LINで変調出来ます。Verbosはとにかくシグナルパスにこだわって音が良いので、このAmp & Toneも人気出そうですね〜。

DSC01800

Verbos Electronics:http://www.verboselectronics.com/

記事内に掲載されている価格は 2020年1月20日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

YAMAHA新製品発表会レポート
ヤマハ銀座スタジオにて行われた発表会をSCFED IBEがレポート!!
NAMM2020 DAY4:OWC
NAMM2020ブースで配布されていたパンフレットから新製品2製品ご紹介!!
NAMM2020 DAY4:DOEPFER
DOEPFERブースではいくつか新製品が登場していましたが、最も目立っていたのがこの巨大ジョイスティックモジュール「A-174-4 Joy Stick II」でした。 通常ジョイスティック型コントローラーと言えばX軸とY [……
NAMM2020 DAY4:SONICWARE
現在KICKSTARTERで支援募集中のマシン「LIVEN 8bit warps」が展示!
NAMM 2020 Rock oNショーレポート
現地よりNAMM 2020 ショーレポートをお届け中です! レポーターとしてファンキー松本が、初海外旅行にして初渡米&レポート!フレッシュなモードで4日間に渡って最先端の楽器/機器事情をNAMMショーからお伝えしています [……
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、…
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、SSL 2+の疑問に答えます。
NAMM2020 DAY4:HAKEN AUDIO & Voix du…
HAKEN AUDIOはあのAmon Tobinもユーザーとして知られるContinuum Fingerboardを開発するブランドですが、そのHAKEN AUDIOと協力してユニークなアコースティックレゾネーターを開発 [……
NAMM2020 DAY4:UDO(U・D・O)
SUPERBOOTH19の初登場時点から世界中のシンセサイザーフリークが熱い視線を注ぐSUPER6がNAMM2020に登場!クラッシックなデザインと新しいコンセプトを持った本気のポリフォニックシンセサイザーとして異彩を放 [……
NAMM2020 DAY4:Lachapel Audio
Lachapel Audioから新登場した983Mは、ハーフラックサイズの1CH TUBE MIC PREAMP。 ファントム電源で発生する電圧値のディップは、多くの場合、信号負荷の変動を発生してしまうものですが、983 [……
NAMM 2020 Day 4 : Endorphin.es
Endorphin.esのブースはブラックシリーズを中心とした展示で注目はGround Control!
NAMM 2020 Day 4 : Playtime Engineering
3歳児から使用でき、簡単操作でエレクトロニックミュージックの楽しみ方を体感できるPlaytime Engineering Blipblox。とってもポップでカラフルな見た目からきっと子供向けの可愛らしいサウンドがなるかと [……
NAMM 2020 Day 4 : FIVE12
ユーロラック対応の高機能シーケンサーモジュール「Vector Suquencer」発見!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company