本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
17
Jan.2020
レポート

NAMM2020 DAY1:Universal Audio / LUNA RECORDING SYSTEM

ua-1

NAMM2020_Rock oN_Report

apolloで地球を飛び立った人類は、ついに月(LUNA)へと辿り着きました。Universal AudioがRecording Systemとして銘打った新システムLUNAが今年のUniversal Audioブースの目玉と言って間違いないでしょう。NAMM前に様々な憶測が飛び交っていたLUNAですが、全容を簡単にご説明したいと思います。

LUNAとは?

DSC01307

apollo、Macと連携する究極の音楽制作システム

「これはDAWではなくシステムである」と主張するUniversal Audioの想いはLUNAに色濃く現れています。apolloデバイス、Macと連携し、ラップトップですらHD環境になってしまう恐ろしいシステムがLUNA RECORDING SYSTEMです。が、イメージしづらい場合は「DAWのようなもの」と考えてもらっても大きく外れてはいないでしょう。

DSC01516

StuderテープのマジックとNeveコンソールのサミング

既存のDAWとの分かりやすい違いを挙げると、各トラックに容易にStuderテープの温かみを加えられることと、各トラックのサミングをNeveコンソールの音で行えることでしょう。現地で音を聴きましたが、デジタル環境で得ることが難しかったものがワンボタンで付与されて思わず笑ってしまいました。しかもこれらはNativeパワーで動作しDSPのリソースを使うことは無いそうです。

DSC01304

ミックス済の音でレコーディング

これまでもapolloを使っていればUADプラグインを掛け録りしたりモニターのみを行うことが可能でしたが、LUNAでは掛け録りするものとモニターのみにかけるプラグインを別個に設定することができます。つまり、ボーカルを1176を掛けた状態で録りつつ、ボーカリストにはEQとLexiconを通った音を返す、みたいなことが簡単に出来るのだとか。

DSC01510

ミキシングの負荷も軽減

最近のバージョンのConsoleアプリでUADエフェクトを使用する際コアの処理能力を効率的に使えるようになったことはapolloユーザーにはお馴染みですが、当然のことながら(?)LUNAでも同様にUADコアの処理能力をフルに使えるそうです。更に、一般的なDAWでUADをプラグインエフェクトとして使う場合は1インスタンスごとにマシンとUADハードウェアが通信していましたが、LUNAでは1トラック分のエフェクトを一度に纏めて処理出来るらしく、これまでよりも積極的にUADエフェクトを使うことが出来るようになりそうです。

DSC01519

インストゥルメント類も拡充

LUNAで動作するインストゥルメントとして、OXのキャビネットやUADのOcean Way Studiosのモデリング技術を応用したモデリングピアノ音源やMini Moog等の音を聴くことが出来た他、Universal Audioが得意としない分野、例えばオーケストラではSpitfire Audioとコラボレーションするなど、UADプラグインで見せているオープンなポリシーはLUNAでも受け継がれている模様です。簡単なインストラクションを受ける際にピアノロールのようなものが見えたので、インストゥルメントを鳴らすためのMIDI機能も備わっているようです。

DSC01509

LUNAは2020年春にリリース予定で、Macでapolloを使用しているユーザー向けに無料で配信されるとのことです。

Writer : 特別寄稿 株式会社ViViX 青木征洋

Universal Audio メーカーページはこちら
https://www.uaudio.jp/namm

NAMM2020 クイズ de ショーレポート DAY1

3択1答クイズにチャレンジ!

クイズに正解したら下のeStoreボタンから購入へ。

手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!

Rock oN
NAMM 2020 クイズde Showレポート 1st day
¥169,899
本体価格:¥154,454
0ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2020年1月17日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IK Multimedia UNO Synth Pro Desktop数量限定ブ…
数量限定!ブラックエディション入荷!
音が埋もれて前に出てこない…そんな悩みをWaves Signature Seri…
音が簡単に前に出てくる即戦力プラグインをご紹介します!
NAMM2022:ATV / KOIDEシンバル
ATVはニューモデルであるEXS-5SK artistをアナウンスしました。EXS-5SK artistは、人気モデルEXS-5に18インチaDrumsキック・ドラム(aD-K18)と13インチスネア・ドラム(aD-S1 [……
NAMM2022:CASIO
ロメロ・ブリット氏のコラボレーションで生まれた CT-S1FH BRITTOも展示されていました!
NAMM2022:UVI
発売されたばかりの UVI Augmented Orchestra のデモンストレーションが行われていました!
NAMM2022:iZotope RX 8が NAMM 2022 TEC Awa…
NAMM 2022 TEC Awards Signal Processing Software (Dynamics / EQ / Utilities) 部門を受賞!
NAMM2022:Eventide
インターバル・インストゥルメント&シーケンサー「Misha」 が展示されていました!
NAMM2022:Focusrite
Focusriteブースには新製品Vocasterシリーズが展示!
NAMM2022:Melody Tech
コンパクトで低価格なバイノーラルマイクを発見!
NAMM2022:Playtime Engineering
初めてのシンセサイザーとして最適なSK2、そして初めてのグルーブボックスとしてmyTRACKSが発表されました!
NAMM2022:Studiologic
NUMA X Pianoシリーズが展示されていました!
NAMM2022:Reloop
MIXON4の上位モデルとなるMIXON8 PROが発表されました!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company