閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
17
Jan.2020
レポート

NAMM2020 DAY1:Universal Audio / LUNA RECORDING SYSTEM

ua-1

NAMM2020_Rock oN_Report

apolloで地球を飛び立った人類は、ついに月(LUNA)へと辿り着きました。Universal AudioがRecording Systemとして銘打った新システムLUNAが今年のUniversal Audioブースの目玉と言って間違いないでしょう。NAMM前に様々な憶測が飛び交っていたLUNAですが、全容を簡単にご説明したいと思います。

LUNAとは?

DSC01307

apollo、Macと連携する究極の音楽制作システム

「これはDAWではなくシステムである」と主張するUniversal Audioの想いはLUNAに色濃く現れています。apolloデバイス、Macと連携し、ラップトップですらHD環境になってしまう恐ろしいシステムがLUNA RECORDING SYSTEMです。が、イメージしづらい場合は「DAWのようなもの」と考えてもらっても大きく外れてはいないでしょう。

DSC01516

StuderテープのマジックとNeveコンソールのサミング

既存のDAWとの分かりやすい違いを挙げると、各トラックに容易にStuderテープの温かみを加えられることと、各トラックのサミングをNeveコンソールの音で行えることでしょう。現地で音を聴きましたが、デジタル環境で得ることが難しかったものがワンボタンで付与されて思わず笑ってしまいました。しかもこれらはNativeパワーで動作しDSPのリソースを使うことは無いそうです。

DSC01304

ミックス済の音でレコーディング

これまでもapolloを使っていればUADプラグインを掛け録りしたりモニターのみを行うことが可能でしたが、LUNAでは掛け録りするものとモニターのみにかけるプラグインを別個に設定することができます。つまり、ボーカルを1176を掛けた状態で録りつつ、ボーカリストにはEQとLexiconを通った音を返す、みたいなことが簡単に出来るのだとか。

DSC01510

ミキシングの負荷も軽減

最近のバージョンのConsoleアプリでUADエフェクトを使用する際コアの処理能力を効率的に使えるようになったことはapolloユーザーにはお馴染みですが、当然のことながら(?)LUNAでも同様にUADコアの処理能力をフルに使えるそうです。更に、一般的なDAWでUADをプラグインエフェクトとして使う場合は1インスタンスごとにマシンとUADハードウェアが通信していましたが、LUNAでは1トラック分のエフェクトを一度に纏めて処理出来るらしく、これまでよりも積極的にUADエフェクトを使うことが出来るようになりそうです。

DSC01519

インストゥルメント類も拡充

LUNAで動作するインストゥルメントとして、OXのキャビネットやUADのOcean Way Studiosのモデリング技術を応用したモデリングピアノ音源やMini Moog等の音を聴くことが出来た他、Universal Audioが得意としない分野、例えばオーケストラではSpitfire Audioとコラボレーションするなど、UADプラグインで見せているオープンなポリシーはLUNAでも受け継がれている模様です。簡単なインストラクションを受ける際にピアノロールのようなものが見えたので、インストゥルメントを鳴らすためのMIDI機能も備わっているようです。

DSC01509

LUNAは2020年春にリリース予定で、Macでapolloを使用しているユーザー向けに無料で配信されるとのことです。

Writer : 特別寄稿 株式会社ViViX 青木征洋

Universal Audio メーカーページはこちら
https://www.uaudio.jp/namm

NAMM2020 クイズ de ショーレポート DAY1

3択1答クイズにチャレンジ!

クイズに正解したら下のeStoreボタンから購入へ。

手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!

Rock oN
NAMM 2020 クイズde Showレポート 1st day
¥169,899
本体価格:¥154,454
0ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2020年1月17日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

YAMAHA新製品発表会レポート
ヤマハ銀座スタジオにて行われた発表会をSCFED IBEがレポート!!
NAMM2020 DAY4:OWC
NAMM2020ブースで配布されていたパンフレットから新製品2製品ご紹介!!
NAMM2020 DAY4:DOEPFER
DOEPFERブースではいくつか新製品が登場していましたが、最も目立っていたのがこの巨大ジョイスティックモジュール「A-174-4 Joy Stick II」でした。 通常ジョイスティック型コントローラーと言えばX軸とY [……
NAMM2020 DAY4:Verbos Electronics
おなじみVerbos ElectronicsからはNAMM2020の直前に発表されていた新製品モジュールが二つと旧モジュールの新バージョンが登場!一つ目はFoundation Oscillator(写真上段の左から三つ目 [……
NAMM2020 DAY4:SONICWARE
現在KICKSTARTERで支援募集中のマシン「LIVEN 8bit warps」が展示!
NAMM 2020 Rock oNショーレポート
現地よりNAMM 2020 ショーレポートをお届け中です! レポーターとしてファンキー松本が、初海外旅行にして初渡米&レポート!フレッシュなモードで4日間に渡って最先端の楽器/機器事情をNAMMショーからお伝えしています [……
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、…
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、SSL 2+の疑問に答えます。
NAMM2020 DAY4:HAKEN AUDIO & Voix du…
HAKEN AUDIOはあのAmon Tobinもユーザーとして知られるContinuum Fingerboardを開発するブランドですが、そのHAKEN AUDIOと協力してユニークなアコースティックレゾネーターを開発 [……
NAMM2020 DAY4:UDO(U・D・O)
SUPERBOOTH19の初登場時点から世界中のシンセサイザーフリークが熱い視線を注ぐSUPER6がNAMM2020に登場!クラッシックなデザインと新しいコンセプトを持った本気のポリフォニックシンセサイザーとして異彩を放 [……
NAMM2020 DAY4:Lachapel Audio
Lachapel Audioから新登場した983Mは、ハーフラックサイズの1CH TUBE MIC PREAMP。 ファントム電源で発生する電圧値のディップは、多くの場合、信号負荷の変動を発生してしまうものですが、983 [……
NAMM 2020 Day 4 : Endorphin.es
Endorphin.esのブースはブラックシリーズを中心とした展示で注目はGround Control!
NAMM 2020 Day 4 : Playtime Engineering
3歳児から使用でき、簡単操作でエレクトロニックミュージックの楽しみ方を体感できるPlaytime Engineering Blipblox。とってもポップでカラフルな見た目からきっと子供向けの可愛らしいサウンドがなるかと [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company