本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
09
Jan.2020
レポート

Rolandがスマートフォン向け、簡単ライブ配信ツール「GO:LIVECAST」を発表!

golivecast_angle_1_gal

非常にシンプルなデザインの中に、音素材からテキスト表示等、配信に必要なものをほぼ詰め込んだライブ配信ツール登場!

いつも楽しく配信している配信者のように、自分も配信したい!でも、機材を揃えるのにいくらかかる?そもそも機械が苦手・・・そんなあなたにも簡単に扱える配信ツール、それが「GO:LIVECAST」です。
基本は、「GO:LIVECAST」とスマートフォンがあればどこでも配信が可能!
BGMは?ドラムロールは?タイトル出せる?2画面映したい・・・全てこれ1台で解決できます。
BGMや効果音は著作権フリーのものがそれぞれ数種類がプリセットで入っている上、スマートフォンから好きなものを追加することも!
テキスト表示や、画像・動画のパッドへの割り当ても、スマートフォンにインストールした専用アプリで簡単にできちゃいます。
ライン入力もあるので、「歌ってみた」も「踊ってみた」も簡単に世界中に配信可能です!

思いついた時に超簡単に配信したい、場所にこだわらず、いつでもどこでも配信したい!といった人にオススメできる1台です。

詳細はメーカー製品ページをご確認ください。


以下、メーカー製品ページより


自分らしさが表現できる、簡単ライブ配信ツール

憧れのあの人のように、配信で人気者になりたい! そんなあなたには、誰でも簡単に扱えるライブ配信ツール GO:LIVECAST がおすすめです。煩わしいセッティングは必要なく、スマートフォンに繋ぐだけの簡単接続。すぐにクオリティの高いライブ配信が行え、視聴者を釘づけにすることができます。さらには著作権フリーのBGMや効果音で雰囲気づくりができたり、タイトル表示やオープニング動画を流せたり。一般的なライブ配信アプリだけではできないようなことが、GO:LIVECASTで可能になります。他とはひと味違うライブ配信で、なりたい自分へ、上手にセルフ・プロデュース。ファンを増やして、人気者になるために、GO:LIVECASTが手放せない存在になるはずです。



新製品 スマートフォン用ライブ配信ツール GO:LIVECAST

GO:LIVECASTは、スマートフォンやタブレットを使った動画ライブ配信に、多彩な演出を簡単に加えることのできるアプリ(iOS/Android)とコントローラーのセットです。コントローラーのボタンを押すだけで、テロップやタイトル画面、インパクトのある効果音などを加えることができます。


01_golivecast_content_photo_1

初心者も安心の使いやすさ

GO:LIVECASTなら、簡単3ステップで接続が完了。まずはマイク、次にイヤホンまたはヘッドホンを接続し、あとはスマートフォンをつなぐだけ。機材トラブルの心配から解放され、初めての方でも安心して配信が始められます。


02_golivecast_content_photo_2

簡単なボタン操作だけでOK

6つのボタンに見せたい素材を割り当てて、自分好みにカスタマイズできるGO:LIVECAST。2台のスマートフォンを無線接続してカメラの切り替えができたり、BGMや効果音を流したり、すべての操作がボタン操作だけでOK。お喋り以外のパフォーマンスの配信にもぴったりです。


03_golivecast_content_photo_3

人気のプラットフォームに配信

TwitCastingやYouTubeなど人気のプラットフォームに対応。配信したいプラットフォームを選択、ログインすれば、いつものプラットフォームから配信可能。ストリームキーなどを入力すれば、さらに他のプラットフォームへの配信も。機材に合わせてプラットフォームを変える必要はありません。


04_golivecast_content_photo_4

著作権いらずの素材集

「無音は嫌だから音楽を流したいけど、著作権のことが心配。」そんな方にこそ使ってほしいGO:LIVECAST。専用アプリには、使いやすい著作権フリーのBGMを収録。その日の気分やテーマに合わせた配信の雰囲気づくりができます。また配信を盛り上げる拍手や笑い声の効果音はもちろん、配信で流せる動画素材も取り揃えています。


05_golivecast_content_photo_5

もう一台のスマートフォンで、2カメ配信

2カメ配信にチャレンジしたいけど、設定が難しいし、スマートフォンだけだとどうやったらいいか分からない。GOLIVECASTならもう一台のスマートフォンを無線接続するだけの簡単設定。コントローラーのボタンを押すだけで切り替えできるので、操作も簡単。

Roland
https://www.roland.com/jp/products/golivecast/

Writer.ヒゲダルマTO

記事内に掲載されている価格は 2020年1月9日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

NAB 2024 Day 3 : GB labs
海外レポートでも毎回取り上げているエンタープライズ向けNASのメーカーGB labs。汎用性の高さとその高速性で国内でも多くの導入の見られるNASサーバーの一つです。そのGB labsの最新ソリューションであるNebula NASをご紹介し…
NAB 2024 Day 3 : Fraunhofer
MPEG-Hが、世界の放送局、日本の放送局でも次世代放送規格として採用が決まり始めたFraunhofer。NAB 2024ではその最新情報を聞くことが出来ました。
NAB 2024 Day 3 : CANARE
ケーブルの国内トップシェアを誇るCANARE。NAB2024では12G-SDI対応製品を前面に展開をしていました。 このような展示を見ると4Kが目の前にあることを実感します。次世代地上波の技術仕様も発表され、4K制作が当 [……
NAB 2024 Day 3 : ATOMOS
今のビデオ撮影では当たり前となっている、モニター一体型レコーダーの始祖とも言えるメーカーがこちらのATOMOS。NINJAとかSHOGUNとか、日本好きなのか?と思われるネーミングセンスの製品が揃います。NAB2024で [……
NAB 2024 Day 3 : Neutrik
コネクターのリーディングカンパニーNeutrik。XLRのケーブルはもちろんTSR、スピコン、パワコン、イーサコンなどいたるところでお世話になっている同社からDanteのInterfaceが登場しました。 ラインナップは [……
NAB 2024 Day 3 : AJA
アメリカ製にこだわるAJA。新製品では有りませんが、NABの会場でも各社の採用が目立つNDIの製品がありますので、ご紹介したいと思います。 こちらがその製品。AJA Bridge NDI 3Gとなります。3G-SDI信号 [……
NAB 2024 Day 2 : Blackmagic Design(カメラ/D…
Blackmagic URSA Cine 多くのビデオグラファーより要望のあったフルサイズ対応のシネマカメラ”Blackmagic Cinema Camera 6K”に続き、Blackmagic [……
NAB 2024 Day 2 : Vizrt
Rock oNレポートでは初登場となるVizrt。なぜこのメーカーを取り上げるのかというと、Rock oN Awardも獲得しているNDIの開発メーカーであるNewtekを買収し、傘下に収めたため。Vizrtの一部となったNDI、そしてTr…
NAB 2024 Day 2 : Sound Devices
フィールドレコーダーとして、ハリウッドでも高い実績を持つSoundDevices。NABでも注目の的です。IBCで新しいワイヤレスシステムをリリースしたばかりなので、目立った新製品は有りませんでしたが、8シリーズのファー [……
NAB 2024 Day 2 : TILTA
毎年、スポーツカーにカメラリグやクレーンを取り付け製品を展示しているTILTAのブースで、現場収録のマイクマンの肩こりから開放されそうな製品を発見! 様々なカメラ用のアクセサリーを販売する同社から音声向けの製品があるとは想像していませんでし…
NAB 2024 Day 2 : Kelvin
NABの会場奥地で見つけたスタイリッシュなライト。ノルウェイのメーカー「Kelvin」の製品がこちら。 見た目だけではなく、機能的にもフルカラーのDMXリモートの可能なライトで、300w,600wの2製品が展示されていま [……
NAB 2024 Day 2 : DPA
やはりロケーション収録を考えたときに選択肢から外せないのが、DPAのマイクではないでしょうか?仕込み用のラベリアから、ショットガン、ホール収録でも活躍するドイツの至宝とも言えるマイクメーカー。NABでは、ショットガンマイ [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company