閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
レポート
09
Jan.2020
レポート

Rolandがスマートフォン向け、簡単ライブ配信ツール「GO:LIVECAST」を発表!

golivecast_angle_1_gal

非常にシンプルなデザインの中に、音素材からテキスト表示等、配信に必要なものをほぼ詰め込んだライブ配信ツール登場!

いつも楽しく配信している配信者のように、自分も配信したい!でも、機材を揃えるのにいくらかかる?そもそも機械が苦手・・・そんなあなたにも簡単に扱える配信ツール、それが「GO:LIVECAST」です。
基本は、「GO:LIVECAST」とスマートフォンがあればどこでも配信が可能!
BGMは?ドラムロールは?タイトル出せる?2画面映したい・・・全てこれ1台で解決できます。
BGMや効果音は著作権フリーのものがそれぞれ数種類がプリセットで入っている上、スマートフォンから好きなものを追加することも!
テキスト表示や、画像・動画のパッドへの割り当ても、スマートフォンにインストールした専用アプリで簡単にできちゃいます。
ライン入力もあるので、「歌ってみた」も「踊ってみた」も簡単に世界中に配信可能です!

思いついた時に超簡単に配信したい、場所にこだわらず、いつでもどこでも配信したい!といった人にオススメできる1台です。

詳細はメーカー製品ページをご確認ください。


以下、メーカー製品ページより


自分らしさが表現できる、簡単ライブ配信ツール

憧れのあの人のように、配信で人気者になりたい! そんなあなたには、誰でも簡単に扱えるライブ配信ツール GO:LIVECAST がおすすめです。煩わしいセッティングは必要なく、スマートフォンに繋ぐだけの簡単接続。すぐにクオリティの高いライブ配信が行え、視聴者を釘づけにすることができます。さらには著作権フリーのBGMや効果音で雰囲気づくりができたり、タイトル表示やオープニング動画を流せたり。一般的なライブ配信アプリだけではできないようなことが、GO:LIVECASTで可能になります。他とはひと味違うライブ配信で、なりたい自分へ、上手にセルフ・プロデュース。ファンを増やして、人気者になるために、GO:LIVECASTが手放せない存在になるはずです。



新製品 スマートフォン用ライブ配信ツール GO:LIVECAST

GO:LIVECASTは、スマートフォンやタブレットを使った動画ライブ配信に、多彩な演出を簡単に加えることのできるアプリ(iOS/Android)とコントローラーのセットです。コントローラーのボタンを押すだけで、テロップやタイトル画面、インパクトのある効果音などを加えることができます。


01_golivecast_content_photo_1

初心者も安心の使いやすさ

GO:LIVECASTなら、簡単3ステップで接続が完了。まずはマイク、次にイヤホンまたはヘッドホンを接続し、あとはスマートフォンをつなぐだけ。機材トラブルの心配から解放され、初めての方でも安心して配信が始められます。


02_golivecast_content_photo_2

簡単なボタン操作だけでOK

6つのボタンに見せたい素材を割り当てて、自分好みにカスタマイズできるGO:LIVECAST。2台のスマートフォンを無線接続してカメラの切り替えができたり、BGMや効果音を流したり、すべての操作がボタン操作だけでOK。お喋り以外のパフォーマンスの配信にもぴったりです。


03_golivecast_content_photo_3

人気のプラットフォームに配信

TwitCastingやYouTubeなど人気のプラットフォームに対応。配信したいプラットフォームを選択、ログインすれば、いつものプラットフォームから配信可能。ストリームキーなどを入力すれば、さらに他のプラットフォームへの配信も。機材に合わせてプラットフォームを変える必要はありません。


04_golivecast_content_photo_4

著作権いらずの素材集

「無音は嫌だから音楽を流したいけど、著作権のことが心配。」そんな方にこそ使ってほしいGO:LIVECAST。専用アプリには、使いやすい著作権フリーのBGMを収録。その日の気分やテーマに合わせた配信の雰囲気づくりができます。また配信を盛り上げる拍手や笑い声の効果音はもちろん、配信で流せる動画素材も取り揃えています。


05_golivecast_content_photo_5

もう一台のスマートフォンで、2カメ配信

2カメ配信にチャレンジしたいけど、設定が難しいし、スマートフォンだけだとどうやったらいいか分からない。GOLIVECASTならもう一台のスマートフォンを無線接続するだけの簡単設定。コントローラーのボタンを押すだけで切り替えできるので、操作も簡単。

Roland
https://www.roland.com/jp/products/golivecast/

Writer.ヒゲダルマTO

記事内に掲載されている価格は 2020年1月9日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

YAMAHAステージキーボード YC61 発売記念キャンペーン9/30まで期間延…
期間中、ヤマハ ステージキーボード「YC61」をご購入いただいた方にフットコントローラー「FC7」をプレゼント!
YAMAHA新製品発表会レポート
ヤマハ銀座スタジオにて行われた発表会をSCFED IBEがレポート!!
NAMM2020 DAY4:OWC
NAMM2020ブースで配布されていたパンフレットから新製品2製品ご紹介!!
NAMM2020 DAY4:DOEPFER
DOEPFERブースではいくつか新製品が登場していましたが、最も目立っていたのがこの巨大ジョイスティックモジュール「A-174-4 Joy Stick II」でした。 通常ジョイスティック型コントローラーと言えばX軸とY [……
NAMM2020 DAY4:Verbos Electronics
おなじみVerbos ElectronicsからはNAMM2020の直前に発表されていた新製品モジュールが二つと旧モジュールの新バージョンが登場!一つ目はFoundation Oscillator(写真上段の左から三つ目 [……
NAMM2020 DAY4:SONICWARE
現在KICKSTARTERで支援募集中のマシン「LIVEN 8bit warps」が展示!
NAMM 2020 Rock oNショーレポート
現地よりNAMM 2020 ショーレポートをお届け中です! レポーターとしてファンキー松本が、初海外旅行にして初渡米&レポート!フレッシュなモードで4日間に渡って最先端の楽器/機器事情をNAMMショーからお伝えしています [……
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、…
緊急取材! SSL James Motley氏来店。話題沸騰の新製品SSL 2、SSL 2+の疑問に答えます。
NAMM2020 DAY4:HAKEN AUDIO & Voix du…
HAKEN AUDIOはあのAmon Tobinもユーザーとして知られるContinuum Fingerboardを開発するブランドですが、そのHAKEN AUDIOと協力してユニークなアコースティックレゾネーターを開発 [……
NAMM2020 DAY4:UDO(U・D・O)
SUPERBOOTH19の初登場時点から世界中のシンセサイザーフリークが熱い視線を注ぐSUPER6がNAMM2020に登場!クラッシックなデザインと新しいコンセプトを持った本気のポリフォニックシンセサイザーとして異彩を放 [……
NAMM2020 DAY4:Lachapel Audio
Lachapel Audioから新登場した983Mは、ハーフラックサイズの1CH TUBE MIC PREAMP。 ファントム電源で発生する電圧値のディップは、多くの場合、信号負荷の変動を発生してしまうものですが、983 [……
NAMM 2020 Day 4 : Endorphin.es
Endorphin.esのブースはブラックシリーズを中心とした展示で注目はGround Control!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company