閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : MODAL ELECTRONICS


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

namm2017 Rock oN show report

namm2017 Rock oN show report

日本では実機を見る機会になかなか恵まれないイギリス生まれのハイエンドシンセサイザーブランドMODAL ELECTRONICS。大きなデスクには垂涎アイテムがズラリ。試奏するユーザー達の表情にもどことなく緊張感が漂っております。

namm2017 Rock oN show report

12ボイスのアナログ/デジタルハイブリッドシンセ「002」(鍵盤付きの白い筐体)、その2ボイスバージョンの「001」、8ボイスのアナログシンセ「008」(鍵盤付きの黒い筐体)が優雅に並んでいます。さらにラックに入った8/12ボイスのハイブリッドシンセ「002R」と008のラックバージョンの「008R」も展示されていました。今となっては数がめっきり減ったシンセモジュール。システムに組み込み易いので、私としては嬉しいです!

namm2017 Rock oN show report

一体この机の上のシンセだけでいくらするのか。。。とその中で見慣れぬコンパクトなシンセを発見。これはNAMM開催直前に立ち寄ったLAのPerfect Circuit Audioでも取り上げた、DIYシンセ「CRAFTSYNTH」です!

namm2017 Rock oN show report< PCAの取材の模様はこちら

namm2017 Rock oN show report

namm2017 Rock oN show report

CRAFTSYNTHは組み立て式のモノフォニックデジタルシンセです。ハンダ不要で10分程度で組み立てられます。小さいからって侮るなかれ!ボイスごとに2基のデジタルオシレーターを持ち、PWMやFM変調も可能。そしてLFOで6つのパラメーターをコントロールできたり、ディレイやディストーションというエフェクトが付いていたりと驚きの機能性。そしてディストーションとさらっと書いてありますが、よくあるビットクラッシャーではありません!

サウンドは是非Soundcloudを聴いてみください。

namm2017 Rock oN show report

さらにこのCRAFTSYNTHは専用のエディターとコントロールappが用意されています。見た目の小ささからは想像できない多様性を秘めたMODAL ELECTRONICSのブラックホースと言えそうです。

価格は99.99ドル。是非日本に入ってきてほしい製品です!

Writer:渋谷
MODAL ELECTRONICS
http://www.modalelectronics.com/craft/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company