閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : MODAL ELECTRONICS


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

namm2017 Rock oN show report

namm2017 Rock oN show report

日本では実機を見る機会になかなか恵まれないイギリス生まれのハイエンドシンセサイザーブランドMODAL ELECTRONICS。大きなデスクには垂涎アイテムがズラリ。試奏するユーザー達の表情にもどことなく緊張感が漂っております。

namm2017 Rock oN show report

12ボイスのアナログ/デジタルハイブリッドシンセ「002」(鍵盤付きの白い筐体)、その2ボイスバージョンの「001」、8ボイスのアナログシンセ「008」(鍵盤付きの黒い筐体)が優雅に並んでいます。さらにラックに入った8/12ボイスのハイブリッドシンセ「002R」と008のラックバージョンの「008R」も展示されていました。今となっては数がめっきり減ったシンセモジュール。システムに組み込み易いので、私としては嬉しいです!

namm2017 Rock oN show report

一体この机の上のシンセだけでいくらするのか。。。とその中で見慣れぬコンパクトなシンセを発見。これはNAMM開催直前に立ち寄ったLAのPerfect Circuit Audioでも取り上げた、DIYシンセ「CRAFTSYNTH」です!

namm2017 Rock oN show report< PCAの取材の模様はこちら

namm2017 Rock oN show report

namm2017 Rock oN show report

CRAFTSYNTHは組み立て式のモノフォニックデジタルシンセです。ハンダ不要で10分程度で組み立てられます。小さいからって侮るなかれ!ボイスごとに2基のデジタルオシレーターを持ち、PWMやFM変調も可能。そしてLFOで6つのパラメーターをコントロールできたり、ディレイやディストーションというエフェクトが付いていたりと驚きの機能性。そしてディストーションとさらっと書いてありますが、よくあるビットクラッシャーではありません!

サウンドは是非Soundcloudを聴いてみください。

namm2017 Rock oN show report

さらにこのCRAFTSYNTHは専用のエディターとコントロールappが用意されています。見た目の小ささからは想像できない多様性を秘めたMODAL ELECTRONICSのブラックホースと言えそうです。

価格は99.99ドル。是非日本に入ってきてほしい製品です!

Writer:渋谷
MODAL ELECTRONICS
http://www.modalelectronics.com/craft/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company