閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

28
Sep.2016
ANTENNA
  • HOME
  • ANTENNA
  • 直前情報
  • ATV aFrame 登場!謎のエレクトロオーガニック・パーカッションがヴェールを脱いだ!

ATV aFrame 登場!謎のエレクトロオーガニック・パーカッションがヴェールを脱いだ!

20160928_atv_1090

RockoNがYoutubeのムービーを幾度も取り上げていた、謎の木製の電子パーカッションaFrameの正体が明らかになりました!メーカーさえも不明だったaFrameはなんと、Rolandの創始者でである梯郁太郎氏率いるATV社の製品だったのです!

 

aFrame エレクトロオーガニック・パーカッション

aFrameは、エレクトロオーガニック・パーカッションというコンセプトを持つ新しい楽器。「叩く」「押す」「擦る」というアコースティックなパーカッションが本来持っている奏法で、演奏はもちろんエフェクトのコントロールも可能にします。これは独自の「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)による表現力。従来のPCMパーカッションではできなかったことではないでしょうか。

※「AdaptiveTimbretechnology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)
打楽器奏者の様々な演奏法に伴う打面の変化と音の周波数成分の動きに応じ、多数のフィルター群の特性を動的に適応させ楽器の多彩な音色変化を生み出す技術。


たしかに3:30からはリバーブ量を手のタッチでコントロールしていますね。

aFrameにはアコースティック系やエレクトロニック系のプリセット音色に加え、高品位なステレオエフェクターも搭載。ユーザー音色は80音色が保存可能。

BBgAOrtb7A1DokAAAAAASUVORK5CYII=

これまでにないパーカッションということで、どうやって演奏すればよいのか、と考えてしまいそうですが、動画のように抱えたり、ストラップで首から吊るしたり、スタンドで立てたり、と奏者の好みでセッティングが可能。これまでに無かったからこそ、独自の自由な発想で演奏できるのではないでしょうか。

本体はギター製造で有名なフジゲン謹製の竹製(!)フレームを採用。そこにしなやかな皮の反発や摩擦を思わせる感触の素材が貼られ、手触りもコンセプトどおり「オーガニック」な仕上がりに。そして電源は市販のモバイルバッテリーで駆動します。

Z

専用サイト aframe.jp

ATVはaFrameユーザーのために、ユーザー同士の交流も可能な専用サイト「aframe.jp」を開設しました。ここではaFrameの魅力を伝える動画や、ユーザー同士の情報交換や音色パラメーターファイルの交換ができるコミュニティーサイトとして運営されるということ。

ATVは電子ドラム音源aD5の開発コンセプトの解説で、「使い捨てにされていく電子楽器の流れとは一線を画す」という言葉を使い、長く使える製品作りをPRしていました。aFrameもコミュニティーサイトと共に「末長く使っていける楽器」として、期待ができそうです。

aFrameの発売日と価格はこれから発表されるということでさて、すが、それまでの間、下記のイベントで出展されることが予定されています。これからさらに話題になるであろうaFrameを実際に試したい方はぜひイベントに足を運んでください!

【aFrame出展イベント予定】

  • 2016楽器フェア(日本) :2016年11月4日(金)~11月6日(日)
  • PASIC16(米国) :2016年11月9日(水)~11月12日(土)
  • THELONDONDRUMSHOW2016 :2016年11月12日(土)~11月13日(日)
  • 2017NAMMSHOW(米国) :2017年1月19日(木)~1月22日(日)

ATV aFrame
http://www.aframe.jp/jp/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    メディア・インテグレーションがCEDEC 2019に出展!
    協賛ブランドによるセミナーと機器展示が行われます! みなさまのご来場をお待ちしています。
    藤井丈司氏が語るシンセサイザーの魅力 −受け継がれるYMOの遺伝子−
    YMOから受け継いだシンセサイザーの魅力とは?エレクトロポップ黎明期の先駆者的存在の藤井丈司氏が語ります!
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    森﨑雅人氏がマスタリングスタジオをオープン!正確なルームチューニングとデジタルオ…
    中目黒にオープンした画期的なマスタリングスタジオ「Artisans Mastering」を紹介!
    KEMPERが新製品「KEMPER PROFILER STAGE」を発表!
    待望のフロアボード仕様が登場!
    VECLOS MSA-380S インプレッション by 三船雅也 (ROTH B…
    三船雅也さんからMSA-380Sの使用感や感想を頂きました!
    YAMAHA CP73 と専用ソフトケース同時購入で、うれしい3つのアイテムをゲ…
    いまCP73と専用ソフトケースをセットで購入すると、うれしい3つのアイテムをゲット!
    Pro Tools 2019.6リリース~バグフィックス、新機能追加
    AVIDよりPro Tools 2019.6が急遽リリースされたことがアナウンスされました。バグ修正のほか、Pro ToolsのHeat対応、MTRXのDigiLinkオプションカード対応の機能が追加されています。
    Proceed Magazine 2019 販売開始 ~特集:POP!!
    今号の特集は「POP!!」Awesome City Club モリシー氏とROTH BART BARON 三船雅也氏を迎えてクリエイティブを刺激するPOP!!なプロダクトたちを大特集!! アーティスト目線からの制作機材の活かし方をクロストー…
    演奏と学びと創造を楽しむエンターテインメント ROLI / LUMI
    表示する色に従って演奏が可能!鍵盤を複数台繋げたりROLI Blocksシリーズも接続可能!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company